トップページ > 債務整理・借金問題

債務整理・借金問題任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生・特定調停

借金問題を一人で悩んでいませんか?

債務整理・借金問題

借金問題は一人で悩んでいてもなかなか解決できないこともあります。しかし、その大半がすぐに解決してしまうケースがほとんどです。

当事務所の特徴は、無料相談はもちろんのこと、費用もリーズナブルに抑えてあります。費用はこちらをご覧ください。

司法書士へ債務整理のご依頼をしていただくと、
借金の取り立て、請求が止まります
借金を減らせる可能性があります
過払い金を取り戻せる可能性があります
借金解決のための債務整理手続き,交渉はすべて当事務所が行います

借金で悩んでいるのはあなただけではありません。 しかし、借金問題は身近なご家族・ご友人にはなかなか相談しにくいものです。
「毎月返済しても借金がなかなか減らない・・・」
「もう一度、借金のない生活がをしたい・・・」
「できれば家族や会社に知られずに解決したい・・・」
「毎月の支払いのことで頭がいっぱい・・・」
「いつまで借金生活が続くのか・・・」

みなさん、こんな不安や悩みを抱えていらっしゃいます。 そんなときこそ、われわれ専門家にご相談ください。


債務整理の相談」は、ほとんどの方が初めての経験です。当然、不安はあると思います。
しかし、 「相談しただけで、気持ちが楽になった」、「もっと早く相談すればよかった」「解決できて、本当に良かった」と多くの方がおっしゃっています。

早めのご相談が早期解決につながります。
恥ずかしいことではありません。勇気を出して、解決までの第一歩を踏み出しましょう。

借金問題で、お困りの皆さんが一日でも早く平穏な生活を取り戻せるように、司法書士をはじめスタッフ一同、全力でサポートいたします。

まずは、お電話かメールで無料相談をご利用ください。 司法書士が分かりやすく、親身に対応します。


借金問題の解決方法

毎月の返済が苦しい、借金がなかなか減らないという方は任意整理
全額完済したけど、過払い金を請求したいという方は過払い金請求
借金の額が大きすぎてとても全額返せないと思う方は自己破産
住宅ローンがあるけど、借金の整理をしたいという方は個人再生
できれば自分でできるだけ安い費用で解決したいという方は特定調停

任意整理

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などの専門家が私的に債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット・返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことを言います。 任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者はこの話し合いに応じる義務はありません。債務者個人で債権者にかけあっても、相手にされないことも多いようです。従って、任意整理は事実上、債務者個人で行うことは難しく司法書士などの専門家の関与が必要になります。 債権者と和解案に合意ができた場合は、和解案に従って3年〜5年の間で借金を返済していくことになります。

過払い金請求

過払い金返還請求とは、利息制限法を越えて支払った利息を取り戻す手続きのことです。 払い過ぎた利息分を取り戻しましょう。消費者金融と5年以上の取引があれば過払い金が見込めます。5年以上、消費者金融(サラ金やクレジット、ローン)と取引が続いていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。司法書士が債権者と話し合って過払い金を取り戻せる場合もありますが、最近では金融業者の経営事情の悪化の影響などで裁判で請求をしないと過払い金の返還をしてこない業者もあります。こうした事情を考えると、金融業者が過払い金を返還できる体力があるうちに、過払い金返還請求はお早めに私たち専門家に依頼して早期解決をしていくことが大切です。

自己破産

自己破産とは、生活必需品などを除いた大半の財産を換金して返済にあてるかわりに、残りの借金については責任を免除(免責)してもらう手続きです。 自己破産・免責により、借金がゼロになります。自己破産は「新しい生活」「自己再生」の手段であり、権利です。 借金がふくらんでしまい、「どうやっても返済ができない・・・」「返済のためにまた、新たな借金を繰り返してしまう・・・」このような状態になったら、迷わずに自己破産を検討しましょう。

自己破産は恥ずかしいことではなく、これから新しい人生を再スタートさせるための1つの手段にすぎないのです。自己破産の手続きをとり免責が受けられれば、借金は返済しなくてもよくなります。借金の取立や返済のための過剰な労働、日々の心配から開放されます。 「一生みじめな生活を送らなければいけないのか」という心配は不要です。 それより、返済のめどが立たない借金を繰り返してどんどん生活が追い込まれていくことのほうが恐ろしいことです。 自己破産しても、日常生活に不利益はありません。自己破産制度は、多くの方に利用されています。

以前は、自己破産に対する誤解や暗いイメージがありましたが、近年、自己破産に対する正しい知識が浸透するにつれ、多くの多重債務者の方が自己破産制度を利用するようになりました。

個人再生

個人再生(個人版民事再生)とは、裁判所に認められた再生計画に基づいて一定の借金を免除してもらう方法です。通常の民事再生は手続きも煩雑で、個人が利用するのは難しい手続きでした。そこで、法律が改正され、「個人再生手続き」が取れるようになったのです。個人再生手続きは、債権者の同意が必要かどうかで手続きの仕方が異なります。 必要な生活費を確保しながら、原則3年で返済する民事再生法を個人が利用しやすくした制度です。

■小規模個人再生手続き
公務員・サラリーマン・自営業者などが利用できる(債権者の消極的同意が必要)

■給与所得者等再生(サラリーマン等)
定期収入を得ることができて、しかも収入変動の幅が小さい人が利用できる
(サラリーマン・公務員など。債権者の同意は不要)

■住宅ローン特則
「住宅ローン特則」を利用すれば、住宅ローンの返済方法を見直して、マイホームを手放さずに借金整理ができます。

特定調停

特定調停とは、裁判所を通した任意整理のようなものだと言えます。任意整理と違って裁判所に出向く必要がありますが、債権者の協力を得やすいというメリットもあります。 裁判所を利用して、借金を減らす自分の代わりに調停委員が債権者と話し合いをしてくれる。 借金を減額し、3年程度で返済する「利息制限法」により、借金額を計算し直し、支払い過ぎていた利息分を元金へ充当します。 再計算(減額)した借金を3年間程度で返済します。



債務整理・借金問題の費用の目安

債務整理・借金問題の費用の目安はこちら
電話・FAX・メールご相談は無料! - お電話でお問い合わせ。月〜金9:00〜18:00。ご相談のご予約は時間外・土日祝も可
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 2010 司法書士小澤大樹事務所 All Rights Reserved.