トップページ > 土地・不動産の名義変更

土地・不動産の名義変更売買・贈与・財産分与

土地・不動産の名義変更とは

土地・不動産の名義変更

土地・不動産の名義変更とは、不動産の所有者が、自分の持っている不動産の所有権を別の人に譲る場合や、不動産の所有者が亡くなって、家族の誰かが新たな所有者となる場合に必要な手続きのことです。

不動産の名義変更手続きを知らずに所有者が変わっても、そのままにしている方もたくさんいらっしゃるようですが、しっかりと名義変更の手続きを行う必要があります。 ちなみに、名義変更の手続きは、全国の不動産情報を管理している“法務局”に手続書類を提出して行います。 なお、名義変更は、正確に言うと、「不動産の所有権移転登記申請」と言います。

土地・家・住宅・マンションなどの不動産の名義変更は、ほとんどの方にとって慣れない経験です。 負担なくスムーズに、できるだけ早く、実施したいものです。 私どもでは、お客様に余分なお手間をかけずに、スムーズかつ短期間に不動産の名義変更をしていただくために、名義変更手続きサービスを行っております。 下記のような名義変更に関してご相談のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談のケース - 土地・不動産の名義変更。・相続による不動産の名義変更をしてほしい・遺産の不動産の名義変更・登記をトラブルなく早く終えたい・子供たちに生前贈与したいので、名義変更をしてほしい・離婚したので、マンションの名義変更をしてほしい・不動産の名義変更を素早くスムーズに行ってほしい

売買

近年、親族や友人等の間で土地や建物を売買するケースが増えてきています。しかし、たとえ気心の知れている者同士の取引であっても、しっかりと手続きをとらないと、様々な問題や不利益が生じる可能性があります。

当事務所では司法書士が取引に立会い、当事者双方の本人確認・意思確認を徹底し、売買代金授受の確認と所有権移転登記を責任をもって行なっています。

贈与

将来の相続税等の税金対策のために贈与を利用することがあります。
配偶者やお子様への贈与などお考えの方はご相談下さい。

財産分与

財産分与とは、夫婦が婚姻中に形成した財産を離婚の際に清算・分配することです。ただし、結婚前から所有している財産や、婚姻期間中でも相続により取得した財産などはそれぞれの「特有財産」となり財産分与の対象とはならないので注意が必要です。

財産分与を請求できるのは、離婚後2年以内です。しかし、一旦離婚してしまうと、財産分与の話をするのは難しくなりますので、離婚する時にしっかりと手続きをとる方が良いでしょう。財産分与により不動産の名義を変更する場合は、所有権の移転登記が必要です。また、離婚の際に住所や苗字を変更することが多くあります。その場合、住所変更や氏名変更の登記もする必要が生じてきます。

手続きの流れ - 土地・不動産の名義変更

お問い合わせからご相談、ご依頼をいただいてから、手続きが完了するまでの流れは一般的に下記の手順となります。

手続きの流れ - 土地・不動産の名義変更。STEP1.お問い合わせ・ご相談・ご依頼→STEP2.当事者情報及び不動産情報チェック→STEP3.必要書類へのご署名・ご捺印→STEP4.法務局で登記申請→STEP5.登記完了書類のお渡し→手続き完了


■以下の書類をご用意いただけますと、大体のお見積もりをご提示させていただけます。

1.不動産の登記事項証明書(謄本)
物件の表示や所有者から権利関係を確認し、どのような登記が必要かを判断します。

2.評価証明書(市役所や都税事務所で発行される不動産評価額の記載がある書面)
登録免許税(国に納める税金)の計算のため必要となります。

※手続きに必要な書類は、ご依頼いただければ当事務所にてお取り寄せいたします。



土地・不動産の名義変更の費用の目安

土地・不動産の名義変更の費用の目安はこちら
電話・FAX・メールご相談は無料! - お電話でお問い合わせ。月〜金9:00〜18:00。ご相談のご予約は時間外・土日祝も可
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 2010 司法書士小澤大樹事務所 All Rights Reserved.